精神面でも良い効果を

診察

効果を最大限に発揮出来るような環境に

色々な香りのアロマを休日のリラックスタイムに使ったりと、疲労回復の一環として使うという人も多いのではないでしょうか。実は、アロマの中にはうつ病等の精神的な病気の症状を改善させる効果が見込めるものがあります。それがジャスミンで、この効果のメカニズムをより明アックにしようと、日々研究が続けられています。ジャスミンのリラックス効果を最大限に発揮するには、正しい使い方を知りそれを継続的に行っていく事が重要になります。ただ、前提として妊娠中の人や、運転中等集中力が必要な場面においては使用を控えたほうが良いでしょう。その他、ジャスミンの原液を購入し使用する際には、皮膚に強い刺激を与えて肌荒れの原因になる可能性があるため、濃度が1%になるようにして薄めたうえで使用してください。そのような注意点を確認したら、シーンに応じた利用法を行いましょう。うつ病等で気持ちがひどく落ち込んでいたりする場合には、ディフューザーと呼ばれるアロマオイルを散布する機械を用いて、直接体にかけないようにして香りを楽しみます。その際には効果を期待しすぎて多くオイルを使用しすぎず、必ず1〜2滴使うようにする事が大切です。不安と同時に頭痛等の症状を起こしてしまっている時には、痛む場所の近くをジャスミンオイルでマッサージしましょう。その時には、原液では濃すぎるため、キャリアオイルと呼ばれるアロマオイルの原液を薄めるためのオイルを使用してください。あまり濃いジャスミンオイルでマッサージすると、先述の通り肌荒れを引き起こす事があります。

では、ジャスミンは何故うつ病等精神的な病に効果があるとされるのでしょうか。それは、ジャスミンが持つリラックス効果というものが大きく関係します。古くからアロマとして上流階級の人たちに楽しまれてきたジャスミンには、不安な気持ちを解消させてくれるエンファリン、快感ホルモンとの別名を持つドーパミンの分泌を促す効果があります。この2つが精神病等で疲れてしまった脳を活性化させ、気持ちを前向きにさせてくれます。それと同時に不安により落ち着かなくなっている気持ちを鎮めてくれる効果も期待出来るため、2つの側面からうつ等の症状を緩和させてくれる事が期待出来ます。この2つの側面からのリラックス効果は、何もする気が起きない状況から立ち直れる可能性があり、活発に動けるようになれば不安な気持ちを忘れさせてくれます。また、一度使うと香りが長時間持続するという特徴もあります。ものによっては6時間ほど香りが継続するものもあり、朝出勤前に使用し、お昼休みにまた香りを楽しむという事も可能です。その他、アロマ等の他に、市販のジャスミンティーでも精神面への効果は期待出来ます。精神面以外にも、ティーの中に含まれているカフェインが眠気等をすっきりさせてくれたり、食べたものの消化を促してくれる等の側面もあります。1つで色々な効果が期待出来るため、食後等に積極的にジャスミンティーを取る人も少なくないようです。冬場等の寒い時期には、体を温めるという面からのリラックス効果が得られるため、ホットのものを飲むと良いでしょう。

Copyright© 2019 ハーブティーを使って不安を和らげてみよう All Rights Reserved.